派遣契約に多い問題とは?

派遣契約中によくある問題に、派遣期間満了を待たずに契約が終了してしまうことがあります。契約満了前に、突然派遣会社から契約終了を告げられた場合、何等かの補償はしてもらえるのでしょうか。派遣社員が直接雇用契約を結んでいるのは派遣会社なので、契約の途中終了により派遣先に生じる影響は関係ないという事になります。しかし実際には、派遣会社もクライアント企業に対しての信用問題があるので、関係ないとは言えないような気はします。

契約が途中終了となる場合は、休業補償と契約短縮のいずれかになります。派遣会社との契約期間がまだ残っているのにも関わらず、業務を継続させる事が不可能な何らかの事情が発生した場合は、派遣会社は休業補償をする義務があります。派遣先の事情等により途中で契約を終了させた時には、派遣会社は契約満了日まで空白の期間がないように、同じ条件の仕事の紹介をする必要があります。

しかしそれができない場合、紹介が間に合わず業務に就けなかった期間は、休業補償として平均賃金の6割を支払う必要があるのです。しかし、もし派遣会社から紹介があったにも関わらずその仕事を断ってしまうと、仕事をする意思がないとみなされ、休業補償が打切られてしまいます。

法律で定められている休業補償ですが、もし万が一短縮する事に同意をして、同意書にサインする等していた場合はこれに該当しません。派遣会社との契約期間と短縮する事は、お互い合意の上という事になり、たとえ契約期間が残っていても補償はありません。契約に関する書面は後々損をする事がないように、必ずしっかりと目を通しましょう。

@派遣社員 新着情報

派遣システムを導入する企業は即戦力の確保や人材に関わる固定費を削減することを目的として、次第に増加しているようです。また企業で勤務する側からしても、社員に比べ融通のきく勤務形態を選ぶことができるという点からも、派遣社員として働く人が増加してきているようです。この派遣社員という勤務形態のメリットとデメリットについて考えてみました。

まずメリットはどのような点でしょうか。社員として働く場合、通常は勤務時間や勤務地等は就職先の企業の意向に従うことになります。しかし派遣社員の場合は、自分の活かしたいスキルに適した仕事を選択できます。また高い時給で残業のない企業で働きたいとか、逆に残業の多い企業でしっかり稼ぎたいとか、というように自分の望むライフスタイルで仕事を選ぶ事ができます。

それでは逆にデメリットはなんでしょうか。派遣社員として同じ職場で長く勤務する場合もありますが、契約の更新については派遣先の企業に決定権があります。契約が終了した後、必ずしもまたすぐに新しい派遣先の紹介があるという保証もないため、生活が不安定になる可能性もあります。企業は、即戦力になる技能を持っている派遣社員を要求しているので、様々な場面でスキルアップしていかなくてはなりません。そして時給が高くても、基本的には派遣社員には手当てや退職金がない等が挙げられます。

派遣関連ニュース