看護師の派遣

一般的にオフィスワークでの派遣は周知されているワークスタイルですが、近頃では看護師も派遣というスタイルを取る事があるようです。看護師の派遣先とは一体どのような所なのでしょうか。

主なものとしては、健康診断の補助業務や病棟への派遣等があるようです。一般の職種の派遣と同様に、派遣のシステムを利用する事で高い時給で働く事ができます。自分の都合にあわせて好きな時にやりたい仕事を選んで働く事ができる派遣のシステムは、看護師にとってもいいようです。現在自分が勤務している病院の仕事が休暇の時に、都合が合えば派遣の仕事をするという人もいるそうです。

看護師の派遣で一番多い業務は、健康診断の補助業務とのことです。学校の新入生の健診や企業の健診など派遣先は様々で、時には1日に数箇所の企業を巡回して健診するような仕事もあるようです。同じ場所でずっと常勤していると、たまには別の職場の人とコミュニケーションしたりする事は気分もリフレッシュされて良いかもしれません。

健診業務ほど多くはないそうですが、病棟への派遣業務もあるとのことです。こちらは1回の派遣での報酬も高いことから、それに見合った仕事を要求されるために、ある程度の経験が必要になるのではないでしょうか。病院ごとに入院している患者さんも違えば患者の状態も異なるので、いきなり入っても要領がわからず、周りのスタッフからの説明もない事もあるようです。あらかじめ様々な面でしっかり詳細を確認し、納得してから受けるというのはどの業種でも同じです。

@派遣社員 新着情報

派遣システムを導入する企業は即戦力の確保や人材に関わる固定費を削減することを目的として、次第に増加しているようです。また企業で勤務する側からしても、社員に比べ融通のきく勤務形態を選ぶことができるという点からも、派遣社員として働く人が増加してきているようです。この派遣社員という勤務形態のメリットとデメリットについて考えてみました。

まずメリットはどのような点でしょうか。社員として働く場合、通常は勤務時間や勤務地等は就職先の企業の意向に従うことになります。しかし派遣社員の場合は、自分の活かしたいスキルに適した仕事を選択できます。また高い時給で残業のない企業で働きたいとか、逆に残業の多い企業でしっかり稼ぎたいとか、というように自分の望むライフスタイルで仕事を選ぶ事ができます。

それでは逆にデメリットはなんでしょうか。派遣社員として同じ職場で長く勤務する場合もありますが、契約の更新については派遣先の企業に決定権があります。契約が終了した後、必ずしもまたすぐに新しい派遣先の紹介があるという保証もないため、生活が不安定になる可能性もあります。企業は、即戦力になる技能を持っている派遣社員を要求しているので、様々な場面でスキルアップしていかなくてはなりません。そして時給が高くても、基本的には派遣社員には手当てや退職金がない等が挙げられます。

派遣関連ニュース