販売・接客の派遣

オフィスワークの派遣と比べ販売や接客の派遣は、比較的未経験でも可能な場合が多い職種です。販売の仕事内容は接客やレジ、在庫のチェック、商品の陳列等、販売に関する一連の業務と幅広く、かなり多岐にわたります。派遣先は化粧品店や食品業界、家電量販店、洋品販売等様々で、自分が好きな業界で働く事ができます。一方接客の仕事内容は、ショールームやホテル、レストラン等での顧客対応になります。

販売も接客もサービス業の一種なので、心掛ける一番のポイントは、訪れたお客様が満足できるサービスを提供するという事です。それにはお客様の欲しい商品をただ出すだけ、ただレジを打つだけではなく、対応するお客様がその時に何を求めているかを考えなくてはなりません。それにより適した商品を勧めたり、販売しやすい陳列を考えたりする事で、お客様から「またここに来たい」「ここで買い物をしたい」と思っていただけるようになるのです。

経験がなくても、訪れたお客様の立場に立った接客ができれば問題ありません。逆に未経験の方がお客様の気持ちが理解しやすく、同じ視点で考えられるという場合もあります。派遣のシステムを上手く活かして、未経験でも興味のある分野にどんどん挑戦し、接客・販売のプロを目指しましょう。

次の記事 >> 医療事務の派遣
@派遣社員 新着情報

派遣システムを導入する企業は即戦力の確保や人材に関わる固定費を削減することを目的として、次第に増加しているようです。また企業で勤務する側からしても、社員に比べ融通のきく勤務形態を選ぶことができるという点からも、派遣社員として働く人が増加してきているようです。この派遣社員という勤務形態のメリットとデメリットについて考えてみました。

まずメリットはどのような点でしょうか。社員として働く場合、通常は勤務時間や勤務地等は就職先の企業の意向に従うことになります。しかし派遣社員の場合は、自分の活かしたいスキルに適した仕事を選択できます。また高い時給で残業のない企業で働きたいとか、逆に残業の多い企業でしっかり稼ぎたいとか、というように自分の望むライフスタイルで仕事を選ぶ事ができます。

それでは逆にデメリットはなんでしょうか。派遣社員として同じ職場で長く勤務する場合もありますが、契約の更新については派遣先の企業に決定権があります。契約が終了した後、必ずしもまたすぐに新しい派遣先の紹介があるという保証もないため、生活が不安定になる可能性もあります。企業は、即戦力になる技能を持っている派遣社員を要求しているので、様々な場面でスキルアップしていかなくてはなりません。そして時給が高くても、基本的には派遣社員には手当てや退職金がない等が挙げられます。

派遣関連ニュース