設計・デザインの派遣

CADをご存知でしょうか。聞いた事がある人もいれば、「何それ?」という人もいるかと思います。CADとはComputer Aided Designの略で、コンピューターを駆使して設計やデザインを行う業務と、そのコンピューターシステムの事をいいます。CADの技術を用いて設計やデザインされるものは様々ありますが、主なものとしては家や道路、車、橋、家電品等があります。そして少し意外に思われるかもしれませんが、洋服や文房具のデザインにも使われる事があるそうです。

そんな日常生活に身近なものをデザインするCADを操作する人をCADオペレーターといいます。設計図と指示書に基づき、CADで仕様通りに設計図を作成します。指示された内容をきちんと理解し、またそれを的確に図面に表す事ができる能力が求められます。

技術職にあたるCADオペレーターは、派遣されるスタッフが未経験でも可という企業の割合は決して多くはありません。しかし実務経験がなくてもCADを学んでいればOKだったり、ビジネススクール等で講座を受講し、修了後仕事を紹介してもらう事もできます。

CADには様々な種類があり、それによって必要な知識や技術も異なります。CADオペレーターとして派遣で働くには、どのようなCADを学びどんなスキルが必要なのかを、事前に派遣会社に相談するのも良い方法ではと思います。比較的簡単な分野のCADから入門し、次第にレベルアップしていけば、決して高い壁ではないような気がします。興味がある方は是非挑戦してみてはいかがでしょうか。

次の記事 >> 販売・接客の派遣
@派遣社員 新着情報

派遣システムを導入する企業は即戦力の確保や人材に関わる固定費を削減することを目的として、次第に増加しているようです。また企業で勤務する側からしても、社員に比べ融通のきく勤務形態を選ぶことができるという点からも、派遣社員として働く人が増加してきているようです。この派遣社員という勤務形態のメリットとデメリットについて考えてみました。

まずメリットはどのような点でしょうか。社員として働く場合、通常は勤務時間や勤務地等は就職先の企業の意向に従うことになります。しかし派遣社員の場合は、自分の活かしたいスキルに適した仕事を選択できます。また高い時給で残業のない企業で働きたいとか、逆に残業の多い企業でしっかり稼ぎたいとか、というように自分の望むライフスタイルで仕事を選ぶ事ができます。

それでは逆にデメリットはなんでしょうか。派遣社員として同じ職場で長く勤務する場合もありますが、契約の更新については派遣先の企業に決定権があります。契約が終了した後、必ずしもまたすぐに新しい派遣先の紹介があるという保証もないため、生活が不安定になる可能性もあります。企業は、即戦力になる技能を持っている派遣社員を要求しているので、様々な場面でスキルアップしていかなくてはなりません。そして時給が高くても、基本的には派遣社員には手当てや退職金がない等が挙げられます。

派遣関連ニュース