エンジニアの派遣

一言でエンジニアと言っても、その職種やスキルは多彩です。派遣という勤務形態をとる場合はただ単にプログラマ、SEというだけでなく、さらに詳細なカテゴリ分けをして、自分の売りはどの分野とするのかが大切です。しかしだからといって初めに決めた職種だけしかできないいう事ではなく、徐々にスキルアップし新しい分野にチャレンジして技術に磨きをかけるのもエンジニアの醍醐味といえます。

ではエンジニアと総称される業務の中には、一体どのような職種があるのでしょうか。システムエンジニアは、プロジェクトをまとめ具現化するためのシステムを設計します。IT業界の最新の技術情報を意識し、開発グループの人員を統率する能力も求められます。プログラマはプロジェクトの実現に必要なプログラムを、開発言語を使って具体的に作り上げる仕事です。

プロジェクトの要旨や派遣先の業務を的確に理解できる能力が不可欠で、またプログラミングのセンスも求められます。ITコンサルタントは、リサーチによって新たなIT技術の評価や派遣先の企業が進出を検討する分野へのシステム導入の可能性を判断します。幅広い情報収集力と技術者ではない人にも分かりやすく要旨を伝える能力も大切です。

それ以外にもヘルプデスクやテクニカルサポート、Webクリエイター等、エンジニアには様々な職種があり、各々にその分野に特化したスキルが必要です。往々にして技術者は「技術で勝負」となりがちな分野です。しかし派遣という形態を選ぶ場合は、希望に沿った仕事を登録する派遣会社から紹介してもらうためのブランディング法を身に付ける事も大切です。

@派遣社員 新着情報

派遣システムを導入する企業は即戦力の確保や人材に関わる固定費を削減することを目的として、次第に増加しているようです。また企業で勤務する側からしても、社員に比べ融通のきく勤務形態を選ぶことができるという点からも、派遣社員として働く人が増加してきているようです。この派遣社員という勤務形態のメリットとデメリットについて考えてみました。

まずメリットはどのような点でしょうか。社員として働く場合、通常は勤務時間や勤務地等は就職先の企業の意向に従うことになります。しかし派遣社員の場合は、自分の活かしたいスキルに適した仕事を選択できます。また高い時給で残業のない企業で働きたいとか、逆に残業の多い企業でしっかり稼ぎたいとか、というように自分の望むライフスタイルで仕事を選ぶ事ができます。

それでは逆にデメリットはなんでしょうか。派遣社員として同じ職場で長く勤務する場合もありますが、契約の更新については派遣先の企業に決定権があります。契約が終了した後、必ずしもまたすぐに新しい派遣先の紹介があるという保証もないため、生活が不安定になる可能性もあります。企業は、即戦力になる技能を持っている派遣社員を要求しているので、様々な場面でスキルアップしていかなくてはなりません。そして時給が高くても、基本的には派遣社員には手当てや退職金がない等が挙げられます。

派遣関連ニュース