一言でエンジニアと言っても、その職種やスキルは多彩です。派遣という勤務形態をとる場合はただ単にプログラマ、SEというだけでなく、さらに詳細なカテゴリ分けをして、自分の売りはどの分野とするのかが大切です。しかしだからといって初めに決めた職種だけしかできないいう事ではなく、徐々にスキルアップし新しい分野にチャレンジして技術に磨きをかけるのもエンジニアの醍醐味といえます。

ではエンジニアと総称される業務の中には、一体どのような職種があるのでしょうか。システムエンジニアは、プロジェクトをまとめ具現化するためのシステムを設計します。IT業界の最新の技術情報を意識し、開発グループの人員を統率する能力も求められます。プログラマはプロジェクトの実現に必要なプログラムを、開発言語を使って具体的に作り上げる仕事です。

プロジェクトの要旨や派遣先の業務を的確に理解できる能力が不可欠で、またプログラミングのセンスも求められます。ITコンサルタントは、リサーチによって新たなIT技術の評価や派遣先の企業が進出を検討する分野へのシステム導入の可能性を判断します。幅広い情報収集力と技術者ではない人にも分かりやすく要旨を伝える能力も大切です。

それ以外にもヘルプデスクやテクニカルサポート、Webクリエイター等、エンジニアには様々な職種があり、各々にその分野に特化したスキルが必要です。往々にして技術者は「技術で勝負」となりがちな分野です。しかし派遣という形態を選ぶ場合は、希望に沿った仕事を登録する派遣会社から紹介してもらうためのブランディング法を身に付ける事も大切です。

CADをご存知でしょうか。聞いた事がある人もいれば、「何それ?」という人もいるかと思います。CADとはComputer Aided Designの略で、コンピューターを駆使して設計やデザインを行う業務と、そのコンピューターシステムの事をいいます。CADの技術を用いて設計やデザインされるものは様々ありますが、主なものとしては家や道路、車、橋、家電品等があります。そして少し意外に思われるかもしれませんが、洋服や文房具のデザインにも使われる事があるそうです。

そんな日常生活に身近なものをデザインするCADを操作する人をCADオペレーターといいます。設計図と指示書に基づき、CADで仕様通りに設計図を作成します。指示された内容をきちんと理解し、またそれを的確に図面に表す事ができる能力が求められます。

技術職にあたるCADオペレーターは、派遣されるスタッフが未経験でも可という企業の割合は決して多くはありません。しかし実務経験がなくてもCADを学んでいればOKだったり、ビジネススクール等で講座を受講し、修了後仕事を紹介してもらう事もできます。

CADには様々な種類があり、それによって必要な知識や技術も異なります。CADオペレーターとして派遣で働くには、どのようなCADを学びどんなスキルが必要なのかを、事前に派遣会社に相談するのも良い方法ではと思います。比較的簡単な分野のCADから入門し、次第にレベルアップしていけば、決して高い壁ではないような気がします。興味がある方は是非挑戦してみてはいかがでしょうか。

オフィスワークの派遣と比べ販売や接客の派遣は、比較的未経験でも可能な場合が多い職種です。販売の仕事内容は接客やレジ、在庫のチェック、商品の陳列等、販売に関する一連の業務と幅広く、かなり多岐にわたります。派遣先は化粧品店や食品業界、家電量販店、洋品販売等様々で、自分が好きな業界で働く事ができます。一方接客の仕事内容は、ショールームやホテル、レストラン等での顧客対応になります。

販売も接客もサービス業の一種なので、心掛ける一番のポイントは、訪れたお客様が満足できるサービスを提供するという事です。それにはお客様の欲しい商品をただ出すだけ、ただレジを打つだけではなく、対応するお客様がその時に何を求めているかを考えなくてはなりません。それにより適した商品を勧めたり、販売しやすい陳列を考えたりする事で、お客様から「またここに来たい」「ここで買い物をしたい」と思っていただけるようになるのです。

経験がなくても、訪れたお客様の立場に立った接客ができれば問題ありません。逆に未経験の方がお客様の気持ちが理解しやすく、同じ視点で考えられるという場合もあります。派遣のシステムを上手く活かして、未経験でも興味のある分野にどんどん挑戦し、接客・販売のプロを目指しましょう。

医療事務の資格は人気が高いことで知られています。しかしせっかく取得した資格も就職口がなければなんにもなりません。自分で探す以外に、看護師や医療事務等の医療系の仕事の紹介システムのある派遣会社もあるので、是非利用してみてはいかがでしょうか。

正社員と比べて派遣社員は残業や休日出勤が少ない場合が多いので、自分の時間を尊重したい人には良い勤務スタイルといえます。しかし全ての職場がそうとは限らないので、紹介を受けた時に残業の有無や休日の取得法は確認しておいたほうが良いでしょう。

また派遣で働く場合は、常勤でなく午前中のみとか午後だけである等、派遣先の医療機関の多忙な時間帯だけの勤務も可能です。また月末や月初のレセプト作成の時期など、一ヶ月のうち数日間だけ働くという勤務スタイルも選べますし、もちろんフルタイム勤務も可能です。自分のライフスタイルに合せて仕事が選べるのが派遣のメリットです。

医療事務の派遣は、病院や診療所だけでなく、介護施設や企業の健康センター等の医療に関連した企業での募集もあるので、幅広く探してみましょう。病院や診療所であれば、歯科医院の求人が多いようです。

一般的にオフィスワークでの派遣は周知されているワークスタイルですが、近頃では看護師も派遣というスタイルを取る事があるようです。看護師の派遣先とは一体どのような所なのでしょうか。

主なものとしては、健康診断の補助業務や病棟への派遣等があるようです。一般の職種の派遣と同様に、派遣のシステムを利用する事で高い時給で働く事ができます。自分の都合にあわせて好きな時にやりたい仕事を選んで働く事ができる派遣のシステムは、看護師にとってもいいようです。現在自分が勤務している病院の仕事が休暇の時に、都合が合えば派遣の仕事をするという人もいるそうです。

看護師の派遣で一番多い業務は、健康診断の補助業務とのことです。学校の新入生の健診や企業の健診など派遣先は様々で、時には1日に数箇所の企業を巡回して健診するような仕事もあるようです。同じ場所でずっと常勤していると、たまには別の職場の人とコミュニケーションしたりする事は気分もリフレッシュされて良いかもしれません。

健診業務ほど多くはないそうですが、病棟への派遣業務もあるとのことです。こちらは1回の派遣での報酬も高いことから、それに見合った仕事を要求されるために、ある程度の経験が必要になるのではないでしょうか。病院ごとに入院している患者さんも違えば患者の状態も異なるので、いきなり入っても要領がわからず、周りのスタッフからの説明もない事もあるようです。あらかじめ様々な面でしっかり詳細を確認し、納得してから受けるというのはどの業種でも同じです。

派遣関連ニュース