派遣求人情報のチェックポイント

人材派遣会社では、各会社のWebサイト上で求人情報を公開しています。たくさん求人情報の中から自分に適したものを見つけるには、どのような点に注意したらよいのかをまとめてみました。

言うまでもなく仕事内容はしっかり確認しなくてはいけません。たとえ時給が高くても、自分に合わない仕事には無理が生じますし、あまり今までに経験していない分野でも、関心があれば応募してみるのもスキルアップの秘訣です。

またその仕事を引き受けるために必要な資格やスキルも重要です。しかしこの部分は「○○ができれば尚可」とか「○○のスキル」という記載になっている場合も多くあります。「尚可」となっているスキルは、先方との顔合せの際に、派遣先の担当者に勉強する意欲をアピールすればそんなに問題にはなりません。必須かどうか不明な表現のスキルについては、担当営業に自分のスキルを伝え、紹介可能か確認しましょう。

勤務場所は、単純に住所だけで近いと判断してしまうと、何度も乗換えしなくてはならないような交通が不便な場所であったりと、かえって時間がかかる場合もあります。派遣社員は交通費の支給はないので、事前に通勤手段もきちんと確認するべきです。

派遣開始の時期については、即日だったりだいぶ先だったりと様々ですが、開始時期が先の場合は注意しなくてはいけません。希望に近い仕事を見つけても、開始時期までまだ日があるからとのんびりしていると、案外早く決まっていたりします。希望に近い仕事を見つけたら、すぐに問合せをした方が懸命です。

その他には、派遣期間が短期であるか長期であるか、また自分の希望に合っているか確認が必要です。何を重視して選んだらいいのかを考えて探すようにしましょう。

@派遣社員 新着情報

派遣システムを導入する企業は即戦力の確保や人材に関わる固定費を削減することを目的として、次第に増加しているようです。また企業で勤務する側からしても、社員に比べ融通のきく勤務形態を選ぶことができるという点からも、派遣社員として働く人が増加してきているようです。この派遣社員という勤務形態のメリットとデメリットについて考えてみました。

まずメリットはどのような点でしょうか。社員として働く場合、通常は勤務時間や勤務地等は就職先の企業の意向に従うことになります。しかし派遣社員の場合は、自分の活かしたいスキルに適した仕事を選択できます。また高い時給で残業のない企業で働きたいとか、逆に残業の多い企業でしっかり稼ぎたいとか、というように自分の望むライフスタイルで仕事を選ぶ事ができます。

それでは逆にデメリットはなんでしょうか。派遣社員として同じ職場で長く勤務する場合もありますが、契約の更新については派遣先の企業に決定権があります。契約が終了した後、必ずしもまたすぐに新しい派遣先の紹介があるという保証もないため、生活が不安定になる可能性もあります。企業は、即戦力になる技能を持っている派遣社員を要求しているので、様々な場面でスキルアップしていかなくてはなりません。そして時給が高くても、基本的には派遣社員には手当てや退職金がない等が挙げられます。

派遣関連ニュース