派遣社員としての仕事を探す場合は、まずは派遣会社に登録するというのが良い方法ではあります。しかし必ずしも登録した派遣会社に希望の求人があるとは限りませんし、すぐに仕事が紹介されるという保証もありません。派遣会社に登録したら、ただじっと紹介の連絡を待つという受身の姿勢ではなく、もっと積極的に情報収集しましょう。

たとえばインターネットで派遣の求人情報のポータルサイトにアクセスし探す方法があります。各サイトによっていろんな希望条件での検索ができるので、自分の希望の仕事が見つかる可能性も高いです。キャリアの長い派遣社員になると、複数の派遣会社に登録している人は珍しくありません。

派遣会社にスタッフとして登録するのは無料なので、気になる求人案件を持っている派遣会社には登録してみましょう。同じ職場で同じ仕事をしていても、派遣元の会社が異なるだけで時給に差がある場合もあります。求人情報サイトでは派遣会社の情報収集もできますので、いろいろ比較してみましょう。

そして複数の派遣会社に登録し、いずれかから紹介を受け話が成立した場合には、それ以外の派遣会社にはきちんとフォローをします。こちらから連絡をする必要はありませんが、紹介の連絡があった場合等には現在就業中である事と契約の満了時期を伝えます。

このようにしておけば派遣会社でも次の紹介の時期を把握する事ができ、仕事を受けなくてもよい対応をするスタッフには紹介もきやすくなります。せっかく登録をした派遣会社なので上手に活用できるようにしましょう。

人材派遣会社では、各会社のWebサイト上で求人情報を公開しています。たくさん求人情報の中から自分に適したものを見つけるには、どのような点に注意したらよいのかをまとめてみました。

言うまでもなく仕事内容はしっかり確認しなくてはいけません。たとえ時給が高くても、自分に合わない仕事には無理が生じますし、あまり今までに経験していない分野でも、関心があれば応募してみるのもスキルアップの秘訣です。

またその仕事を引き受けるために必要な資格やスキルも重要です。しかしこの部分は「○○ができれば尚可」とか「○○のスキル」という記載になっている場合も多くあります。「尚可」となっているスキルは、先方との顔合せの際に、派遣先の担当者に勉強する意欲をアピールすればそんなに問題にはなりません。必須かどうか不明な表現のスキルについては、担当営業に自分のスキルを伝え、紹介可能か確認しましょう。

勤務場所は、単純に住所だけで近いと判断してしまうと、何度も乗換えしなくてはならないような交通が不便な場所であったりと、かえって時間がかかる場合もあります。派遣社員は交通費の支給はないので、事前に通勤手段もきちんと確認するべきです。

派遣開始の時期については、即日だったりだいぶ先だったりと様々ですが、開始時期が先の場合は注意しなくてはいけません。希望に近い仕事を見つけても、開始時期までまだ日があるからとのんびりしていると、案外早く決まっていたりします。希望に近い仕事を見つけたら、すぐに問合せをした方が懸命です。

その他には、派遣期間が短期であるか長期であるか、また自分の希望に合っているか確認が必要です。何を重視して選んだらいいのかを考えて探すようにしましょう。

派遣会社の評価は、現在登録している派遣スタッフの方々のクチコミでのランキングが最も参考になるでしょう。では実際に派遣スタッフが働きやすいと感じる満足度の高い派遣会社はどこでしょうか?

たくさんある派遣会社の中で、最も総合的評価が高かったのはリクルートスタッフィングです。ビジネス誌が実施した派遣スタッフの満足度調査でも、「紹介を受けた仕事に対する満足度」と「今後もこの会社で働きたい」という項目でトップを獲得しています。

歯科検診やベビーシッター割引制度などの福利厚生面の充実や、独自の保険組合により、政府管掌保険と比べて保険料率がとてもお得なところも人気の理由でしょう。スタッフのサポートに関する評価も高く、安心できる派遣会社といえるでしょう。

次に評価が高い会社は、人材紹介会社として日本トップクラスの実績を誇るアデコです。クライアント企業数は3万2千社にのぼり、スタッフとして登録すると、提携するスクールやスポーツクラブでの割引制度が受けられます。サポート面でも充実しており、心身の悩み相談を受けるサポートダイヤルやOA機器の操作等のヘルプデスクも完備されているので、派遣社員として働く事を決めた時には、是非おさえておきたい会社といえます。

その他で上位にランキングされている派遣会社は、インテリジェンスやパソナがあります。インテリジェンスの案件は大手企業が多く、派遣期間中であればTOEICの受験料が半額以下となったり、女性にとって頼もしい子育てに関するサポートが充実している点が評価されています。パソナはスキルアップ面のサポートが充実しており、2000種類以上の講座を常時特別価格で受講できたり、ベネフィット・ワンが提供する保養所等を優待利用できる事等が好評です。

比較的自由に自分の望む勤務条件を選択できるので、派遣社員として働く人が増えてきています。派遣スタッフとして働く際には、雇用関係は派遣先とでなく派遣会社との間に発生するので、どの派遣会社を選ぶかは非常に大きな問題です。ではどのようなポイントに注意して選んだら良いでしょうか。

多くの人は知名度や時給、福利厚生面等を基準にして選んでいると思います。それらも確かに大切なポイントですので、その選び方が間違っているわけではありません。しかしそれが最も決め手となるかといえば、そうではない気がします。

幅広い業種を扱っている派遣会社でも、大抵はそれぞれ強い分野があります。金融業界に強い、または販売系に強かったりというそれぞれの特色を確認し、自分が紹介してほしい業種に強い派遣会社を選びましょう。

大手の派遣会社はクライアント企業からの信用もあり、またブランディングが確立されていますので、登録しておいて損はないかと思います。しかし大手であればそれだけ登録スタッフ数も多く、案件が均等に行き渡らない恐れもありますので、複数の派遣会社に登録しておいた方がよいでしょう。

さらに最も重要ともいえるポイントは、登録スタッフに対する対応やフォローの仕方がどうかという点です。登録時や案件の紹介時、派遣先での業務に関する相談等、スタッフをよく理解し問題が生じた場合は速やかな解決策を示してくれる会社である事が大切です。このような面では、大手より中小規模の会社の方が親身だったりすることもあります。登録の際のコーディネーターの面談の方法等を、よく見極めて後悔しない会社を選びましょう。

派遣関連ニュース