派遣社員の健康保険

派遣社員として働く場合、健康保険は派遣先でなく派遣会社で加入する事になります。健康保険の加入については、派遣会社によって一定の期間が経過しないと入れない、またはすぐに加入できたりと、それぞれ異なる事もあるようです。必要最低限の知識は頭に入れて、後で困った事にならないようにしておきましょう。

どのような条件で派遣先と契約するかにより、健康保険の加入ができる場合とできない場合があります。社会保険とは健康保険と厚生年金保険の総称のことで、この社会保険の適用事業所に雇用される人は、原則として全て加入義務があります。

社会保険に派遣社員が加入する場合には条件があります。それは雇用契約が2ヶ月を超える場合、そして1日もしくは1週間の労働時間と1ヶ月の労働日数が通常社員の概ね4分の3以上である場合に加入ができます。

ここで勘違いしやすいのですが、雇用契約2ヶ月という条件は、2ヶ月過ぎた後に可能となるという意味ではありません。労働条件の明示書に記されている契約期間が2ヶ月を超えていれば、勤務開始の初日から加入できます。保険に加入する場合は、保険料の負担は派遣会社との折半となります。しかし加入可能であった期間が、派遣会社の手違いなどにより未加入となっていた場合、過去の未加入期間の保険料は派遣会社が負担することになります。

@派遣社員 新着情報

派遣システムを導入する企業は即戦力の確保や人材に関わる固定費を削減することを目的として、次第に増加しているようです。また企業で勤務する側からしても、社員に比べ融通のきく勤務形態を選ぶことができるという点からも、派遣社員として働く人が増加してきているようです。この派遣社員という勤務形態のメリットとデメリットについて考えてみました。

まずメリットはどのような点でしょうか。社員として働く場合、通常は勤務時間や勤務地等は就職先の企業の意向に従うことになります。しかし派遣社員の場合は、自分の活かしたいスキルに適した仕事を選択できます。また高い時給で残業のない企業で働きたいとか、逆に残業の多い企業でしっかり稼ぎたいとか、というように自分の望むライフスタイルで仕事を選ぶ事ができます。

それでは逆にデメリットはなんでしょうか。派遣社員として同じ職場で長く勤務する場合もありますが、契約の更新については派遣先の企業に決定権があります。契約が終了した後、必ずしもまたすぐに新しい派遣先の紹介があるという保証もないため、生活が不安定になる可能性もあります。企業は、即戦力になる技能を持っている派遣社員を要求しているので、様々な場面でスキルアップしていかなくてはなりません。そして時給が高くても、基本的には派遣社員には手当てや退職金がない等が挙げられます。

派遣関連ニュース