派遣とバイトの違い

派遣とバイトの相違点はどこにあるのでしょうか。事務職は派遣のような感じがしますが、バイトでもオフィス系の職種はあります。はっきりとした違いはあるのでしょうか。ひとつは時給の違いでしょうか。事務職を例にとっても、派遣の方がバイトよりも時給設定が高くなっています。

しかし派遣は時給が高い分、ほとんどの場合交通費の支給はありません。それに対しバイトは上限が決められている場合もありますが、多くは支給されているようです。そう考えると、遠方から通勤する方にとっては、バイトの方がいい場合もあるかもしれません。

雇用する側の視点から考えてみたらどうでしょうか。バイトの場合は直接雇用なので、労務管理等の手間はあるものの、実労働分と交通費等の支払いだけで済みます。しかし派遣の場合、派遣スタッフ本人に支払う時給プラス派遣会社の利益分を上乗せした額を、派遣元の会社に支払わなくてはなりません。このあたりで企業と派遣スタッフの間に温度差が生じる場合があります。

派遣システムに対する意識付けがきちんとできている派遣先であれば特に問題はありませんが、そうでない場合は、派遣元に支払う対価に見合った働きを、派遣スタッフに対して要求するという事態が生じます。結果派遣スタッフは受け取る報酬以上の業務をこなさなければならなくなり、ここが問題視されている点でもあるようです。

@派遣社員 新着情報

派遣システムを導入する企業は即戦力の確保や人材に関わる固定費を削減することを目的として、次第に増加しているようです。また企業で勤務する側からしても、社員に比べ融通のきく勤務形態を選ぶことができるという点からも、派遣社員として働く人が増加してきているようです。この派遣社員という勤務形態のメリットとデメリットについて考えてみました。

まずメリットはどのような点でしょうか。社員として働く場合、通常は勤務時間や勤務地等は就職先の企業の意向に従うことになります。しかし派遣社員の場合は、自分の活かしたいスキルに適した仕事を選択できます。また高い時給で残業のない企業で働きたいとか、逆に残業の多い企業でしっかり稼ぎたいとか、というように自分の望むライフスタイルで仕事を選ぶ事ができます。

それでは逆にデメリットはなんでしょうか。派遣社員として同じ職場で長く勤務する場合もありますが、契約の更新については派遣先の企業に決定権があります。契約が終了した後、必ずしもまたすぐに新しい派遣先の紹介があるという保証もないため、生活が不安定になる可能性もあります。企業は、即戦力になる技能を持っている派遣社員を要求しているので、様々な場面でスキルアップしていかなくてはなりません。そして時給が高くても、基本的には派遣社員には手当てや退職金がない等が挙げられます。

派遣関連ニュース