即戦力の確保や人材に関わる固定費の削減のために、派遣システムを導入する企業が増加しているようです。また企業で勤務する側からしても、社員に比べ融通のきく勤務形態を選ぶことができるという点からも、派遣社員として働く人が増えてきているという事です。この派遣社員という勤務形態のメリットとデメリットについて考えてみました。

まずメリットとなる点はどのような事でしょうか。社員として働く場合、通常は勤務時間や勤務地等は就職先の企業の意向に従います。しかし派遣社員の場合は、自分の活かしたいスキルに適した仕事を選択できます。また高い時給で残業のない企業で働きたいとか、逆に残業の多い企業でしっかり稼ぎたいとか、自分の望むライフスタイルで仕事を選ぶ事ができます。

さらに人材派遣システムを利用しているのは、ある程度「大手」とされている企業が多いという背景から、思わぬ大企業に勤務できる場合もあります。こちらから企業名を指定して派遣先を斡旋してもらう事はできませんが、勤務したい業種と大手に派遣されたいという希望を出すことは可能です。

では逆にデメリットはなんでしょうか。派遣社員として同じ職場で長く勤務する場合もありますが、契約の更新については派遣先の企業に決定権があります。契約終了後、必ずしもまたすぐに新しい派遣先の紹介があるという保証もないので、生活が不安定になる可能性がないとはいえません。

また企業は、即戦力になる技能を持っている派遣社員を要求しているので、様々な場面でスキルアップしていかなくてはなりません。その他には時給が高くても、基本的には派遣社員には手当てや退職金がない等が挙げられます。

「派遣」と一言で言っても、その形態により3つの派遣スタイルがあります。最近では「紹介予定派遣」という言葉はよく聞かれるようになりましたが、「特定派遣」はまだ耳慣れない方も多いのではないでしょうか。そこで「特定派遣」と「一般派遣」の相違点についてまとめてみました。

派遣会社との雇用関係は、派遣されている期間内だけに発生する非常用雇用の形態が一般派遣です。一方特定派遣は、派遣会社に正社員として常に雇用されている人材を派遣先で就業させるスタイルとなります。常用雇用なので、派遣先の紹介がない期間でも雇用関係が継続し、給与も支払われます。

厚生労働省より一般派遣の許可を取得している派遣会社では、一般派遣と特定派遣のいずれの形態もできるようになっています。しかし特定派遣の届出をして許可を受けた場合には、特定派遣の形態のみ可能となります。

一般派遣と特定派遣では請け負う業務も異なります。一般派遣では、事務用機器操作や財務処理、取引文書作成等がほとんどですが、特定派遣ではソフトウェア開発や機械設計など専門色が強いものが大半です。また派遣料金に関しても、一般派遣では上位の割合を低額の業務が占めるのに対し、特定派遣では高額な業務が上位になっています。

派遣とバイトの相違点はどこにあるのでしょうか。事務職は派遣のような感じがしますが、バイトでもオフィス系の職種はあります。はっきりとした違いはあるのでしょうか。ひとつは時給の違いでしょうか。事務職を例にとっても、派遣の方がバイトよりも時給設定が高くなっています。

しかし派遣は時給が高い分、ほとんどの場合交通費の支給はありません。それに対しバイトは上限が決められている場合もありますが、多くは支給されているようです。そう考えると、遠方から通勤する方にとっては、バイトの方がいい場合もあるかもしれません。

雇用する側の視点から考えてみたらどうでしょうか。バイトの場合は直接雇用なので、労務管理等の手間はあるものの、実労働分と交通費等の支払いだけで済みます。しかし派遣の場合、派遣スタッフ本人に支払う時給プラス派遣会社の利益分を上乗せした額を、派遣元の会社に支払わなくてはなりません。このあたりで企業と派遣スタッフの間に温度差が生じる場合があります。

派遣システムに対する意識付けがきちんとできている派遣先であれば特に問題はありませんが、そうでない場合は、派遣元に支払う対価に見合った働きを、派遣スタッフに対して要求するという事態が生じます。結果派遣スタッフは受け取る報酬以上の業務をこなさなければならなくなり、ここが問題視されている点でもあるようです。

近年それぞれの個性やライフスタイルの確立を重視する人たちの増加に伴い、働き方も多様化している傾向にあります。そんな中で、フルタイムでは働かずに短期間の派遣を繰返しながら自分の時間も大事にするという勤務形態を選ぶ人が増えているようです。主に短期の派遣というのはどのような職種があり、どんなメリットがあるのか考えてみましょう。

一般的に短期の派遣とは、3ヶ月以内に派遣契約が終了する仕事の事です。職種は多彩ですが、その中でもファイリングやデータ入力、資料作成等の事務系職種が多いようです。派遣先で請け負う業務内容によっては、その業務に必要な知識やスキルが必要な場合もあります。

次に利点ですが、最大のメリットとなるのはやはり自分の時間を確保し優先できるという点でしょう。働ける期間に制限のある人やプライベートを両立したい人には、効率的に働く事のできるシステムといえます。

また様々な職場やいろんな仕事を経験してみたいというような人にも、短期の派遣は最適でしょう。はっきりとした目標やポリシーがある中での短期の派遣システムは、非常に有意義なものとなるのではないでしょうか。

派遣の仕事を探していると、紹介予定派遣という言葉をよく目にする事があると思います。最近取り上げられる事が増えてきた紹介予定派遣とは、一体どのような派遣形態なのでしょうか。

紹介予定派遣は将来的には正社員として働く事を考えている方にとって有意義な働き方といわれているシステムです。通常は2~3ヶ月から最長6ヶ月の間で、事前に派遣期間が決められます。そしてその派遣期間満了時に、本人と派遣先の企業が双方合意すれば、正社員や嘱託等の形で派遣先の企業の直接雇用となるのが紹介予定派遣のシステムです。

この紹介予定派遣のシステムは、転職を考える場合に、今後転職先となる企業が自分に合っているかを見極める事ができるというメリットがあります。それに採用する側の企業にとっても、いきなり雇用するよりも、一定期間派遣という形態を定める事で、実労働分のみの経費で実際にスキルを確認できるので有益といえます。

紹介予定派遣のシステムを活用する事により、個人で行う求職活動するよりも、通常では入社することが難しい企業へ就職する機会もあります。派遣期間内は「言われた事だけをこなす」のではなく、積極的に自分を採用する事によるメリットを企業側にアピールできるよう頑張りましょう。

派遣社員として働く場合、健康保険は派遣先でなく派遣会社で加入する事になります。健康保険の加入については、派遣会社によって一定の期間が経過しないと入れない、またはすぐに加入できたりと、それぞれ異なる事もあるようです。必要最低限の知識は頭に入れて、後で困った事にならないようにしておきましょう。

どのような条件で派遣先と契約するかにより、健康保険の加入ができる場合とできない場合があります。社会保険とは健康保険と厚生年金保険の総称のことで、この社会保険の適用事業所に雇用される人は、原則として全て加入義務があります。

社会保険に派遣社員が加入する場合には条件があります。それは雇用契約が2ヶ月を超える場合、そして1日もしくは1週間の労働時間と1ヶ月の労働日数が通常社員の概ね4分の3以上である場合に加入ができます。

ここで勘違いしやすいのですが、雇用契約2ヶ月という条件は、2ヶ月過ぎた後に可能となるという意味ではありません。労働条件の明示書に記されている契約期間が2ヶ月を超えていれば、勤務開始の初日から加入できます。保険に加入する場合は、保険料の負担は派遣会社との折半となります。しかし加入可能であった期間が、派遣会社の手違いなどにより未加入となっていた場合、過去の未加入期間の保険料は派遣会社が負担することになります。

派遣関連ニュース